「あいつは天狗になっている」

小学校や中学校では、エースと言われる運動能力の高い選手は

こんなことを言われることが多いと思います。

そして、周りの選手やスタッフ陣もこんな選手に対して

だんだん言葉をかけれなくなって、周りから

「あいつは天狗になっている」

とみられることが多いでしょう。

今の時期

中学生や、高校生は新チームにに移り変わる時期です。

指導者の方は「どんなチームにするのか」と言うビジョンを

選手や保護者の方に伝えなければいけないのではないでしょうか?

そして、エースに全てを託すのか、

それとも、チームの一人として機能させるのかを考え、

他の選手にも自分の気持ちを託せるエースなのか

エースとチーム内で戦わせて切磋琢磨させていくのか

などの判断もしないといけないと思います。

チーム内でこのようなことが浸透していないと

チームがバラバラになる可能性があります。

そして周りから言われると、すぐにチームが崩れてしまうことも

あるかと思います。

素晴らしい選手がいらっしゃるチームの方々はしっかり考えていかないと

いけないですね。

また、飛び抜けた選手がいないチームではよりチームワークを磨く練習を

多く取り入れていく必要性があると思います。

ぜひ、考えてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中