ワークショップの最初に「終わった時にどうなっていたら最高ですか?」と言うしつもんをします。
これは、このワークショプに参加してどんなことを学びたいのか?を意識すること、そして明確にするために行っています。
この部分がブレてしまうと、ゴールになかなかたどり着かなくなってしまいます。

mamaouen

さて、あなたの子どもがスポーツを始めた時、どんな気持ちで送り出してあげたでしょうか?
「楽しんでほしい」
「体力がついてほしい」
「礼儀を学んでほしい」
などが多いと思います。
これが、始めた時のゴールだっと思います。

学年が進んでいくと、いつの間にか勝負にこだわるようなっていき
家でコーチのようにダメ出しをしている事があると聞きます。
学年によってゴールが変わっていくことはあると思います。
しかし子どもたちに伝えずにこれをしてしまうと、子どもたちは混乱します。

子どもたちは、
自分の行動に共感してもらいたい。
そして、承認してもらいたい。
と思っています。

スポーツの練習や試合で、コーチにいろいろ言われて帰ってきて、
家でもコーチのようにお家の人から言われたらどうでしょうか?
自分の居場所がなくなり、家族でも会話がなくなっていく事が想像できますよね。

最初のゴールを忘れずに、保護者はどんな応援ができるのか?
練習や試合の様子は、子どもたちも話をしたいと思います。

 

なので、

「どうだった?」

と聞いてあげてください。

 

その時に、良かった悪かったではなくて、しっかりと話を聞いてあげてください。

それから、
「次はどうしたい?」
などのしつもんを投げかけてみてください。

きっと、次への目標や改善点を考えて出てくると思います。
子どもたち自身で気づく事が大切だと思います。

保護者はコーチじゃないということ、
そして子どもたちがどうしたらゴールを実現できるか?に寄り添ってあげてください。
保護者がゴールを押し付けてしまうと、いつの間にか、子どもたちは親を言い訳にするようになってしまします。

 

あなたが思い描く子どものゴールは何ですか?

 

しっかりとゴールを決めて行動をすることを心がけてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中