1519184437_1519184428_05_180210_YN_12_01

チームスポーツをしているのは、周りの選手たちとどう動くかを考えることがあります。

個人種目であって、一人で練習できる選手は、そんなにいないと思います。

 

このタイトルの〇〇は仲間のことでも当てはまります。

でも、周りから言われるのはどうでしょうか?
昔、私が悪ふざけをしていて、
ひどく怒られるだろうと思った時に
「お父さんたちのことを考えてくれよ!」
って言われたのがとても印象に残っています。
そしてそんなに怒られなかったことも。

大人になって、親との関わりを考えた時
「あれ?俺のことって?」と思ってしまいました。

日本人は自己肯定感が低いと言われています。
自分のことを考えると、自己犠牲の精神が
こんな言葉で育まれていき、
自分を差し置いて人のためにっていう行動を
多くしてきたのかもしれません。

さて、スポーツの場合はどうでしょうか?
自己犠牲などは、とても大切なことかもしれません。
でも、自己犠牲と言うことを意識すると、自分のやりたいことや
思いを伝えれなくなってしまいます。
そして、私のように、「あれ、自分の存在って?」と
考えるようになるかもしれません。

常に、主役となりうる方々をしっかりみてあげて、
基準が「あなた」になるように話をしてあげてください。
きっと自己肯定感が高まり、素晴らしい環境が出来上がると思います。

 

 

感想やコメントいただけたら嬉しいです。
よかったら書いてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中